操作性や機能強化を行った「GUARDIANWALL Cloud Edition」の新版(キヤノンITS) | ScanNetSecurity
2022.08.12(金)

操作性や機能強化を行った「GUARDIANWALL Cloud Edition」の新版(キヤノンITS)

キヤノンITSは、サービス事業者向けのメール情報漏えい対策ソフトウェア「GUARDIANWALL Cloud Edition」の新バージョンを10月20日より提供開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は9月29日、サービス事業者向けのメール情報漏えい対策ソフトウェア「GUARDIANWALL Cloud Edition」の新バージョンを10月20日より提供開始すると発表した。同製品は、マルチテナントやスケールアウトなどのクラウド環境に求められる機能を搭載した、メールフィルタリング・アーカイブソフトウェア。年間利用料金は、100ユーザの場合で720,000円(税別)。

新バージョンアップでは、管理画面を大幅に刷新し、直感的な操作が可能なユーザインタフェースを実現した。また、利用実態のレポートを、ドリルアップ・ダウンが可能な統計・グラフでわかりやすく表示できるようにした。さらに、送信メールの添付ファイルを自動的に暗号化する機能や、誤送信防止のために複数宛先の一斉送信メールの宛先のBCC変換などの機能を搭載した。これらは、事業者から要求の高かった機能だという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×