ネットワーク“迷宮化”ソリューションにランサムウェア検知・防御機能(アズジェント) | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

ネットワーク“迷宮化”ソリューションにランサムウェア検知・防御機能(アズジェント)

アズジェントは、ネットワークを“迷宮化”するソリューション「illusive Deceptions Everywhere」に、新機能としてランサムウェアの検知、防御機能を追加したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社アズジェントは8月23日、ネットワークを“迷宮化”するソリューション「illusive Deceptions Everywhere」に、新機能としてランサムウェアの検知、防御機能を追加したと発表した。同ソリューションは、端末やサーバのメモリキャッシュに実際には存在しないFTPサーバやデータベースサーバ等へのログイン情報、ブラウザの閲覧履歴等をデコイ(偽情報)として埋め込むことで、ハッカーから見たネットワークを迷宮化するというもの。

新機能である「Advanced Ransomware Guard(ARG)」は、システム上の端末にランサムウェアを検知するためのデコイを配備し、デコイへのアクセスを検知するとTrapサーバが検知、管理者へアラートを出す。またillusiveは、ランサムウェアがデコイを暗号化している間に感染端末上のランサムウェアのプロセスをブロックするため、実ファイルの暗号化を防止できる。

なお、配備されるデコイは、独自のテクノロジーにより最初にランサムウェアの暗号化対象となるため、実際のファイルが先に暗号化されることはないという。同ソリューションの販売予定価格は、1端末あたり年額9,840円(5000端末の場合)。同社では初年度で3億円の売上を目標としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×