Black Hat USA 2016 でプレゼンスを発揮した日本人、アーセナルで注目集めたツールたち | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

Black Hat USA 2016 でプレゼンスを発揮した日本人、アーセナルで注目集めたツールたち

マクニカネットワークスの凌 翔太 氏は、ランサムウェアのシミュレーションが可能な「 Shinolocker 」と制御システム向けのマルウェアを模した「 ShinoICS 」を、神戸デジタル・ラボは、WordPress に特化したハニーポット「 OTAKU-BOT 」を紹介した。

研修・セミナー・カンファレンス
マクニカネットワークス株式会社 凌 翔太 氏 (Black Hat USA 2016 Arsenal 会場)
  • マクニカネットワークス株式会社 凌 翔太 氏 (Black Hat USA 2016 Arsenal 会場)
  • 凌氏のデモ画像から
  • 神戸デジタル・ラボが展示した WordPress に特化したハニーポット「 OTAKU-BOT 」
  • 会場風景、ドローンのデモを行う Arsenal 出場者
Black Hat USA 2016 には米国全土に加え、世界各国からセキュリティに関心を持つ人が集まる。そして会場では英語のみならず、スペイン語、ドイツ語、中国語、フランス語……とさまざまな言葉が飛び交う。セッションスピーカーの顔ぶれも多様だ。

そんな中で日本人セキュリティ研究者がプレゼンスを発揮していたのが、「Arsenal」(アーセナル、武器庫)というコーナーだ。世界中から寄せられた応募の中から選考をくぐり抜けた独創的、先進的なセキュリティツールを、開発者自らがデモンストレーションとともに紹介するエリアで、来場者と率直に意見交換を行えるオープンさも魅力となっている。

《高橋 睦美》

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. ハッカーの OSINT 活用法 ~ 日本ハッカー協会 杉浦氏講演

    ハッカーの OSINT 活用法 ~ 日本ハッカー協会 杉浦氏講演

  2. 8/8・8/9 セコムトラストシステムズ「IDaaSでここまでできる!」ウェビナー開催 ~ 便利機能 注意点 MFA 製品別特長 ほか

    8/8・8/9 セコムトラストシステムズ「IDaaSでここまでできる!」ウェビナー開催 ~ 便利機能 注意点 MFA 製品別特長 ほか

  3. 開発元にソフトウェアの製造責任を負わせるのは合理的?

    開発元にソフトウェアの製造責任を負わせるのは合理的?

  4. reject(拒否)へのいばらの道を進むには ~ 日本プルーフポイント「DMARC Conference 2024」レポート

  5. 裏サイトからSNSへ、スマートフォンはネットいじめの様態を変える(JSSEC)

  6. 自動車サイバーセキュリティコンテスト「Automotive CTF Japan」新たに開催

  7. フォレンジック技術者が語る サイバー攻撃が発生する四つの未知の領域への警鐘 ~ エムオーテックス

  8. 攻撃者のあの手この手、リアルな攻撃&リアルな現状を知る専門家が警鐘を鳴らす ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

  9. 新しい総務省ガイドラインに適合する「クラウドのデータ消去」とは? 自治体で行われた実証実験 結果報告

  10. 被告:CISO ~ 実例で考える CISO が訴訟されるリスク

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×