Black Hat USA 2016 でプレゼンスを発揮した日本人、アーセナルで注目集めたツールたち | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.17(月)

Black Hat USA 2016 でプレゼンスを発揮した日本人、アーセナルで注目集めたツールたち

マクニカネットワークスの凌 翔太 氏は、ランサムウェアのシミュレーションが可能な「 Shinolocker 」と制御システム向けのマルウェアを模した「 ShinoICS 」を、神戸デジタル・ラボは、WordPress に特化したハニーポット「 OTAKU-BOT 」を紹介した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
Black Hat USA 2016 には米国全土に加え、世界各国からセキュリティに関心を持つ人が集まる。そして会場では英語のみならず、スペイン語、ドイツ語、中国語、フランス語……とさまざまな言葉が飛び交う。セッションスピーカーの顔ぶれも多様だ。

そんな中で日本人セキュリティ研究者がプレゼンスを発揮していたのが、「Arsenal」(アーセナル、武器庫)というコーナーだ。世界中から寄せられた応募の中から選考をくぐり抜けた独創的、先進的なセキュリティツールを、開発者自らがデモンストレーションとともに紹介するエリアで、来場者と率直に意見交換を行えるオープンさも魅力となっている。

《高橋 睦美》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×