提携により、SSL暗号化された通信からマルウェアを検出可能に(A10) | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

提携により、SSL暗号化された通信からマルウェアを検出可能に(A10)

米A10 NetworksとCylanceは、データセンターやクラウド環境において、ユーザとエンドポイントのサイバーセキュリティを改善する最先端の暗号化通信向け脅威防御開発で技術提携した。

製品・サービス・業界動向
A10ネットワークス株式会社(A10)は8月5日、米A10 Networks社とCylance社が、データセンターやクラウド環境において、ユーザとエンドポイントのサイバーセキュリティを改善する最先端の暗号化通信向け脅威防御開発で技術提携したと発表した。このOEM契約はA10と、APT攻撃やマルウェアを人工知能によって能動的に防御するCylance社の両社の技術を結集するもの。

エンドユーザのSSL通信を高速に可視化する機能を提供するA10の「Thunder SSLi」と「Thunder CFW」にCylance社のマルウェア対策エンジン「CylancePROTECT」を組み合わせることにより、通信がSSL暗号化されていても、マルウェア対策とメールのセキュリティ対策を行うことが可能になる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 「鉄道版生成 AI」の開発も ~ JR東日本で DX 推進のため生成 AI 活用

    「鉄道版生成 AI」の開発も ~ JR東日本で DX 推進のため生成 AI 活用

  2. 日本プルーフポイント 増田幸美氏「Cybersecurity Woman of the World Edition 2024」にノミネート

    日本プルーフポイント 増田幸美氏「Cybersecurity Woman of the World Edition 2024」にノミネート

  3. マクニカネットワークスが忘れない CrowdStrike 三つのエピソード

    マクニカネットワークスが忘れない CrowdStrike 三つのエピソード

  4. ジョン・マカフィーの死から三年、新CEOにクレイグ・バウンディ氏

  5. セキュリティ企業の セキュリティ企業による セキュリティ企業のための投資ファンド ~ GSX 青柳史郎が語る「日本サイバーセキュリティファンド」設立趣旨

  6. 「ITパスポート試験」が1位に ~ 日本の資格検定アワード2023

  7. NTTドコモグループ 、カスタマーハラスメントに対する基本方針を策定

  8. CTFの覇者 市川遼が目指す「GMOイエラエの技術者が攻撃しようとするときに最初にやること全部の完全自動化」~ ネットde診断 for ASM

  9. 無効な Google アカウントに関するポリシーを更新、2年以上使用されていない場合削除対象に

  10. 2 年連続 ITパスポート試験が 1 位、情報セキュリティマネジメント試験も注目ランキングで 2 位に

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×