都立動物園・水族園のホームページが不正アクセス被害、個人情報が流出(東京都) | ScanNetSecurity
2021.07.29(木)

都立動物園・水族園のホームページが不正アクセス被害、個人情報が流出(東京都)

東京都は7月7日、公益財団法人東京動物園協会が管理運営する東京動物園・水族園のホームページ「東京ズーネット」が外部からの不正アクセスにより改ざんを受けたと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
東京都は7月7日、公益財団法人東京動物園協会が管理運営する東京動物園・水族園のホームページ「東京ズーネット」が外部からの不正アクセスにより改ざんを受けたと発表した。

これにより、メールマガジン「ズー・エクスプレス」登録者等のアドレス21,688件と「東京動物園友の会」への加入問い合わせをした868件件の個人情報(氏名、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、協会への連絡事項)の流出が確認されたとのこと。

現在は「東京ズーネット」を閉鎖し、ウェブサイトの状況を調査しているとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×