Androidデバイスを狙うランサムウェアの攻撃が急増、遭遇者は1年で約4倍(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

Androidデバイスを狙うランサムウェアの攻撃が急増、遭遇者は1年で約4倍(カスペルスキー)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

株式会社カスペルスキーは6月30日、ランサムウェアがAndroidデバイスを使用しているユーザに対しても猛威を振るいつつあることが、Kaspersky Labの調査で明らかになったと発表した。これは、6月29日にKaspersky Labが発表したプレスリリースの抄訳として発表したもの。

Kaspersky Security Network(KSN) により収集されたデータを分析したところ、2015年度(2015年4月から2016年3月)にAndroidランサムウェアの攻撃に遭ったユーザは、Androidマルウェアの攻撃に遭ったユーザの4.63%で、前年度(2.04%)から倍増した。

スーザ数ベースでは、Androidランサムウェアの攻撃に遭ったユーザは136,532名で、前年度(35,413名)から約4倍に増加している。特にドイツ、カナダ、英国、米国で攻撃に遭ったユーザが多かったという。また、観測された攻撃の90%以上が「Small」「Fusob」「Pletor」「Svpeng」の4つのマルウェアファミリーよるものだったとしている。

PCを狙うランサムウェアは、画面ロック型から暗号化型へ移行しているが、Androidランサムウェアは大半が画面ロック型となっている。これは、Androidデバイスは画面ロックを解除するために外部ハードウェアを使う必要があるので、PCの暗号化型と同様の効果があるとみている。同社では、攻撃者はPCに代わる攻撃対象を積極的に探しており、Androidを狙う攻撃は今後も継続すると考えられるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×