ここが変だよ日本のセキュリティ 第22回「セキュリティ対策の弱点探しキーワード 前篇」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.06.23(金)

ここが変だよ日本のセキュリティ 第22回「セキュリティ対策の弱点探しキーワード 前篇」

特集 特集

 何だね君はぁ? 「今年もやってきました、白浜シンポジウム。白浜は本州で一番早い海開きなので、5月3日には泳げるんだって!」筆者は毎年参加しているけれど、実は一度も泳いだことが無い。刺激的なシンポジウムとアフターの交流を満喫していると、泳いでいる時間が全く無いのさ。ただ、マイ2次元彼女だけは、水着で参加していますよ!

 今年のセキュリティExpoは随分と盛況だったようだけど、ファイアウォール等のハコモノに代表されるセキュリティ対策は、導入してすぐに効果が表れるものではない。せっかく最新のファイアウォールを導入したからと、攻撃をワクワクして待つセキュリティ管理者はいないと思う。でも、これって、何かに似ていないかな?日ごろ心配なことがあって、何とかしたいと思っている。頑張って高価なものを買ってみた、ちょっと安心したけれど、本当の効果のほどは分からない。そう、それは、健康食品!!古くは青汁とかクロレラ(!)とか、グルコサミンとか話題の水素水とか、いろいろあるよね。毎日飲んでいれば、なんか調子が良くなって病気にならなくなった気がするよ。しかし、何となくじゃなくて本当に健康に良いことは、面倒くさかったり、やりたくないことだ。有酸素運動を毎日続けるとか、煙草や酒を控えるといったことだね。だから、飲むだけで痩せるというような商品が人気になる。ハコモノも、毎日ログを見るのは面倒くさい。導入するだけっていうのがいいんだ。詳細なレポートが毎日出たら、セキュリティ管理者はその都度経営にリスクを説明しなくちゃいけない。担当者は自分の仕事を増やしたくないから、やっぱり入れるだけがいいよね。

 カチャッ…おっといけない、誰か来たようだ。じゃねっ!

《2次元殺法コンビ》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ペネトレーションテスターは見た! 第2回「誰が困る? 脆弱性出すぎ問題」

    ペネトレーションテスターは見た! 第2回「誰が困る? 脆弱性出すぎ問題」

  2. サイバーセキュリティ経営ガイドラインがあと一歩「惜しい」理由

    サイバーセキュリティ経営ガイドラインがあと一歩「惜しい」理由

  3. ペネトレーションテスターは見た! 第1回「ペンテスターの苦悩 ~ 脆弱性が見つからないのは○○だから?」

    ペネトレーションテスターは見た! 第1回「ペンテスターの苦悩 ~ 脆弱性が見つからないのは○○だから?」

  4. リーク情報:イギリスで政府による国民のリアルタイム監視合法化の動き、BT他キャリア大筋合意(The Register)

  5. 七瀬 晶 作 「自動走行車の行方」- 起こりうる事件 来たるべき世界 ~ サイバーミステリ小説アンソロジー

  6. [数字でわかるサイバーセキュリティ]情報漏洩が企業の大きな懸案事項に、約1万5千人分の個人情報を従業員が持ち出し

  7. [セキュリティ ホットトピック] ランサムウェア「WannaCry」被害概況

  8. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

  10. 一田 和樹 作 「さよならアカウント」- 起こりうる事件 来たるべき世界 ~ サイバーミステリ小説アンソロジー

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×