RiskIQ製品の取扱開始、モバイルを含む資産管理や不正動作の検出を可能に(ラック) | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

RiskIQ製品の取扱開始、モバイルを含む資産管理や不正動作の検出を可能に(ラック)

ラックは、米RiskIQ社が提供する「ENTERPRISE DIGITAL FOOTPRINT」および「EXTERNAL THREAT MANAGEMENT」の取り扱いを開始し、同製品を活用したリスク分析を支援するサービスの提供も開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ラックは6月9日、米RiskIQ社が提供する「ENTERPRISE DIGITAL FOOTPRINT」および「EXTERNAL THREAT MANAGEMENT」の取り扱いを開始し、同製品を活用したリスク分析を支援するサービスの提供も開始すると発表した。同製品は、組織の外部向けWeb環境やモバイル環境のリスクを可視化が可能なクラウドソリューション。Webインフラの特定、インデックス化を自動的に行え、最新の資産情報がひとつの情報画面にまとめて表示される。

これにより、企業および業界のITセキュリティ基準に従ったシャドーITの管理や、障害が発生した機器、不正な構成、DNSハイジャックの検出、侵害された機器のコンポーネントの影響を受ける資産の特定、新しい不審なサードパーティ リソースや企業の機器に対する不正な変更の特定、侵害されたサードパーティ リソースや機器のコンポーネントの影響を受ける資産の特定などが行える。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×