日本の閲覧数上位50のWebサイトのうち、15のサイトで脆弱性のあるOSを使用(マクニカネットワークス) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

日本の閲覧数上位50のWebサイトのうち、15のサイトで脆弱性のあるOSを使用(マクニカネットワークス)

マクニカネットワークスは、「日本の閲覧数上位50のWebサイトのセキュリティに関するレポート」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
マクニカネットワークス株式会社は6月7日、「日本の閲覧数上位50のWebサイトのセキュリティに関するレポート」を公開した。同レポートは、Web閲覧リサーチ会社Alexaより報告された日本のユーザにより閲覧されたWebサイトの上位50(2016年5月5日時点)のWebサイトに対して、Menlo Security社が同社独自開発ツールを用いて脆弱性に関する状況を調査し、まとめたもの。

調査結果によると、上位50サイトのうち15サイトで脆弱性が報告されているバージョンのOSの使用が確認された。その半数以上が、Yahoo!やGoogle、あるいはTwitter、Facebook、YouTubeといった、一見信頼性が高いと思われるサイトや、ブログに関するドメインが多数含まれており、また日本の特徴として価格比較サイトや小売店のサイト、レストラン検索サイトなども確認された。JavaScriptの使用については、前回の21から23.76と若干増加しており、最大では99のスクリプトがひとつのリクエストで実行された。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×