サイバー地下世界の価格表が白日の下に。企業のメールボックスは500ドル、パスポートは1,200ドルなど~DDoS攻撃 1時間5ドル、Gmailアカウント 123ドル、他(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

サイバー地下世界の価格表が白日の下に。企業のメールボックスは500ドル、パスポートは1,200ドルなど~DDoS攻撃 1時間5ドル、Gmailアカウント 123ドル、他(The Register)

「銀行取り引きの認証情報は、その口座残高の1~5%で手に入る」 「プラスチックカードの認証情報の値段は7ドルから始まって、売りに出されたカードの種類や、関連データの量によって上がる。AMEXのカードは上限付近の30ドルで売れる」

国際 TheRegister
盗んだオンラインのID、企業のメールボックスへのアクセス、偽のIDを扱う地下市場が活況だそうだ。

Dell SecureWorks社の研究では、ハッキングの地下市場は特にロシアにて拡大している。ロシアのハッカーたちは顧客の喜びを守るため、作業時間を拡大し、保証人制度を使用している。サイバー犯罪市場内にいる盗人にも仁義はあるのだ。市場では評判が重要で、リピート客がその狙いだからだ。

《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×