サイバー演習によって露呈した大手重要インフラ企業の「弱点」(PwCサイバーサービス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

サイバー演習によって露呈した大手重要インフラ企業の「弱点」(PwCサイバーサービス)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

PwCサイバーサービス合同会社は4月12日、メディアセミナー「レッドチーム演習が浮き彫りにするセキュリティの盲点」を開催した。同社の最高執行責任者である星澤裕二氏は、「世界的に大きなイベントでは必ずサイバー攻撃が起きている。日本でもオリンピックに向けていくつかの世界的なイベントがあるが、国内の対応はまだまだ進んでいない」と述べ、同社が提供を開始した「レッドチーム演習」の結果を紹介するに至ったとした。「レッドチーム演習」は、擬似的なサイバー攻撃を仕掛けてセキュリティ体制や対策を検証するサービスで、2016年2月より提供している。

《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×