外部および内部の脅威を検出するエンドポイントセキュリティアプライアンス(クオリティソフト) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

外部および内部の脅威を検出するエンドポイントセキュリティアプライアンス(クオリティソフト)

クオリティソフトは、PCの脆弱性を自動で検出するエンドポイントセキュリティアプライアンス「ISM BoxOne」の提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
クオリティソフト株式会社は4月28日、PCの脆弱性を自動で検出するエンドポイントセキュリティアプライアンス「ISM BoxOne」の提供を同日より開始すると発表した。同製品は、クライアントの脆弱性対策だけでなく外部脅威と内部不正の2つの側面からエンドポイントセキュリティ強化を実現するもの。脆弱性のあるクライアント端末の自動診断からリストアップまで、さらには是正処置を行うことで脆弱性を低減する。

また、クライアント操作ログや外部メディアの利用制御を行うことで、組織内部からの重要データ持ち出しを未然に防止する。これらをアプライアンスで提供することで、情報システム管理者の導入・運用工数を削減し、組織のセキュリティのさらなる強化を実現するとしている。価格はオープンプライスだが、参考価格は720,000円から(100クライアント:ログ機能なしの場合:税別)としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×