「FFR yarai」の新バージョン発売、機能強化によりSOCのニーズなどに対応(FFRI) | ScanNetSecurity
2021.08.02(月)

「FFR yarai」の新バージョン発売、機能強化によりSOCのニーズなどに対応(FFRI)

FFRIは、マルウェア自動解析システムの新バージョン「FFR yarai analyzer Professional Version1.1」の出荷を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社FFRIは4月6日、マルウェア自動解析システムの新バージョン「FFR yarai analyzer Professional Version1.1」の出荷を同日より開始した。同製品は、検査対象ファイルやフォルダを静的・動的な手法で自動解析し、HTML形式でレポートを出力する、マルウェア自動解析システム。アンチウイルスベンダに依頼せずに、社内でマルウェアがどのような挙動を行うのかを解析できるため、攻撃者の意図を分析し効率的に対策を打つことが可能。

新バージョンでは、解析エンジンのアップデートによってマルウェア検出力を強化したほか、SOCなどでゲストOSの状態を複数管理するニーズに対応してスナップショット指定機能を追加した。また、解析対象から生成されたファイルも解析対象とするニーズを受け、検体実行時に生成されたファイルの取得機能も追加した。対応ゲストOSの拡充・多言語対応やレポート・管理機能の強化も行っているという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×