行動分析と機械学習による検出、保護をエンドポイントに拡張(ファイア・アイ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

行動分析と機械学習による検出、保護をエンドポイントに拡張(ファイア・アイ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ファイア・アイ株式会社は4月1日、エンドポイント保護製品の新バージョン「Endpoint Security(HX)3.1」を発表した。3月30日より提供を開始している。同製品は「HX製品」のメジャーアップデート版となるもので、エンドポイント上での検知・対応機能にエクスプロイト攻撃の防御機能「Exploit Guard」を搭載した。

「Exploit Guard」は同社のMVXエンジンをベースとしており、行動分析と機械学習によって他のエンドポイント・セキュリティ製品を回避するよう設計されたエクスプロイトも検出、保護する。またHX 3.1には、新たなUIとして個々のホストの最新アラート、システムの詳細情報、取得情報を統合したホスト型ワークフローを導入。分析ワークフローを迅速化することで、インシデントの検知・対応に要する時間を短縮できるとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×