Web閲覧やメール利用をクラウドサーバ上で実行、情報漏えいリスクを軽減(NTT.Com) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.15(水)

Web閲覧やメール利用をクラウドサーバ上で実行、情報漏えいリスクを軽減(NTT.Com)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

NTTコミュニケーションズ(NTT.Com)は3月17日、「Enterprise DaaS アプリケーション仮想化機能」の提供を同日より開始したと発表した。同機能は、インターネットを利用するWebの閲覧やメールの利用、あるいは特定の業務アプリケーションの利用のみを、同社の「Enterprise Cloud」クラウドサーバ上経由でセキュアに利用できるサービス。

「Enterprise Cloud」上で動作させたアプリケーションの画面を、利用端末の画面上に転送し、あたかも端末内にインストールしたアプリケーションのように利用できる。インターネットからの攻撃は「Enterprise DaaS」までしか届かないため、利用端末内の重要な情報が漏えいするリスクを抑制できる。

また、アプリケーションの画面のみを転送するため、モバイル端末でも快適に利用できるとしている。利用企業と「Enterprise DaaS」間を企業向けネットワークサービス「Arcstar Universal One」で直結する。ネットワークの利用料、接続料は無料。さらに、本サービスの利用に必要な初期設定と、導入後の保守サポートも無償で提供する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×