不正アクセスにより「グリコネットショップ」からカード情報を含む顧客情報が流出(江崎グリコ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.06.23(金)

不正アクセスにより「グリコネットショップ」からカード情報を含む顧客情報が流出(江崎グリコ)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 江崎グリコおよびグリコ通販センターは7日、同社の通販サイト「グリコネットショップ」から、顧客情報が流出したことを発表した。

 菓子・飲料などを販売する「グリコネットショップ(shop.glico.co.jp)」において、クレジットカード情報を含む顧客の個人情報、商品の配送先の個人情報が、不正アクセスにより外部に流出した。同社が別途運営する通販サイト「グリコダイレクトショップ」「スマイルビスコ」は対象外。

 1月29日にクレジットカード会社からカード情報流出の懸念について連絡を受け、調査を開始。2月29日に外部調査機関より最終調査報告書を受領し、今回の発表を行ったとのこと。

 被害者総数は明らかにされていないが、「2012年10月12日~2016年2月3日の期間に、グリコネットショップを利用したユーザー」が対象とのことで、かなりの大規模流出が考えられる。流出した可能性があるのは、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、クレジットカード情報(番号、有効期限、カード名義)、届け先情報、家族情報とのこと。

 対象者にはすでにダイレクトメールを発送するとともに、クレジットカード明細の確認などを呼びかけている。再発行などの手数料についても、ユーザーの負担とならないよう、各カード会社に依頼済みとのこと。所轄警察および所轄官庁にも報告済みという。

グリコ、通販サイトから個人情報が大量流出

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

インシデント・事故 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. SQLインジェクション脆弱性を突いた不正アクセスで個人情報2,728件が流出(InterFM897)

    SQLインジェクション脆弱性を突いた不正アクセスで個人情報2,728件が流出(InterFM897)

  2. Apache Struts2 の脆弱性を利用した不正アクセスでアンケート情報流出の可能性(国土交通省)

    Apache Struts2 の脆弱性を利用した不正アクセスでアンケート情報流出の可能性(国土交通省)

  3. 「剣と魔法のログレス」アカウントがRMTサイトに出品、開発元従業員を逮捕(Aiming、マーベラス)

    「剣と魔法のログレス」アカウントがRMTサイトに出品、開発元従業員を逮捕(Aiming、マーベラス)

  4. 都税クレジットカード支払サイトで不正アクセス、カード情報が流出(GMOペイメントゲートウェイ)

  5. 建造物侵入・現金窃盗事件で逮捕された元行員が顧客情報を持ち出し(佐賀銀行)

  6. ビジネスソフトの海賊版販売で有罪判決、罰金など合計約4,700万円(ACCS)

  7. JINS オンラインショップに不正アクセス、118万件の個人情報が流出の可能性(ジェイアイエヌ)

  8. B.LEAGUEサイトへの不正アクセスでカード情報32,000件の流出可能性、委託先管理不充分(ぴあ)

  9. 「東商マート」サイトに不正アクセス、約5万件の顧客情報が漏えい(ジャパン・フード&リカー・アライアンス)

  10. Apache Struts2の脆弱性を利用した不正アクセスで約2.3万人の登録情報が流出(総務省)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×