CDNサービスのpullモードにDoS攻撃を受ける問題(JVN) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

CDNサービスのpullモードにDoS攻撃を受ける問題(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、CDNに対する攻撃手法として、Forwarding Loopを発生させDoS状態にする攻撃が指摘されていると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月1日、コンテンツデリバリネットワーク(CDN)に対する攻撃手法として、Forwarding Loopを発生させDoS状態にする攻撃(Forwarding Loop 攻撃)が指摘されていると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3によるBase Scoreは5.3。

CDNサービスでは、Webサイトの処理効率とスケーラビリティの向上のため、コンテンツへのアクセスリクエストを地理的に近いサーバに転送して処理する。CDNではコンテンツのアップロードにpushモードとpullモードの2種類の方法があるが、pullモード動作の設定によってはリクエストの転送を内部的にループさせることが可能であると指摘されている。

これにより攻撃者はリモートからCDNをDoS状態にできる可能性があり、結果としてCDN上のコンテンツにアクセスできなくなる可能性がある。JVNでは、CDN サービスを提供している事業者は、自身の提供する CDN が本脆弱性の影響を受けるかどうか、研究者の発表資料を確認するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×