ステルスマルウェアやモバイルバンキング型トロイの木馬を確認--四半期レポート(マカフィー) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

ステルスマルウェアやモバイルバンキング型トロイの木馬を確認--四半期レポート(マカフィー)

マカフィーは、インテル セキュリティによる2015年第3四半期の脅威レポートを発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
マカフィー株式会社は1月14日、インテル セキュリティによる2015年第3四半期の脅威レポートを発表した。レポートでは、キートピックとして「ステルス化が進むファイルレスマルウェア」「クラウドを利用してモバイルバンキングを狙うトロイの木馬」「マクロウイルスが復活」の3つを挙げている。

McAfee Labsでは、2015年初から第3四半期までに74,471件のファイルレス マルウェアのサンプルを採取しており、最も感染が拡大している3種類のファイルレス マルウェアは、ハードウェアプラットフォームのメモリ領域に直接感染し、カーネルレベルのAPIのバックグラウンドまたはOSのレジストリ内部に潜伏する。しかし、「Kovter」「Powelike」「XswKit」といった新種の攻撃は、OSのプラットフォーム サービスを悪用して、ディスクに痕跡を残さずに侵入するよう設計されているため、感染の特定が困難だという。

また、McAfee Labsが2カ月にわたって約30万件のモバイル アプリを分析した結果、東ヨーロッパで数千のモバイル バンキング用アカウントが狙われた攻撃で使用された、2種類のモバイル バンキング型トロイの木馬を発見した。これら2種類のマルウェアは「Android/OpFake」や「Android/Marry」と呼ばれ、アプリのデータをバックエンドで管理しているサービスプロバイダにネットワーク接続するためにモバイル アプリ内に実装された“脆弱な”コードを悪用できるようになっていたという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×