ここが変だよ日本のセキュリティ 第18回「ニセモノ注意報発令!」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.05.27(土)

ここが変だよ日本のセキュリティ 第18回「ニセモノ注意報発令!」

特集 特集

何だね君はぁ?「昨年10月、11月はカンファレンス、シンポジウムが多く開催されたよ。もちろん私も愛する2次元彼女と一緒に参加し、海外からのスピーカーやVIP達に紹介して回りましたよ。」2次元殺法コンビ、昨年中はご愛読いただきありがとうございました。本年もよろしくお願いいたします。

●オリンピックに向けて注目されるセキュリティ

競技場の費用やら、ロゴのパクリ疑惑などで、開催決定の浮かれムードが飛んでしまった2015年だけど、これっていよいよ現実的な準備が始まったってことだよね。東京五輪の運営費1兆8000億円も、まぁ、夢から覚めて現実に掛かる費用を計算し直してみたってことさ。

遠藤利明五輪相がサイバーセキュリティの現状を視察するため、11月9日に都内の情報通信研究機構(NICT)を訪れたそうだ。NICT名物の監視モニターをみて、サイバー攻撃が「こんなに来てるのか…」と驚いたそうだけど、単純な攻撃回数だけをみても仕方ない。その辺はフォローしてくれたであろう。続くコメントではロンドン大会での2億回を超す攻撃から不安を述べていたようだけど、DDoSの攻撃回数を単純にカウントしても意味ないこともさすがに説明されたと思う。対策の強化を進めていくためには、不安なコメントを取り上げた方が注目されて都合がいいから、報道と実際は違っているはずだ。

●ニセモノ注意報発令

急激に注目され、新聞やテレビでも一般の人が度々目にするようになったサイバーセキュリティ。こうなるとセキュリティの専門家を名乗る人がたくさん登場してくる。どうすればいいのかを教えてくれる人はいいんだけれど、不安を煽るばかりの人や自分だけが情報をもっているような、ひけらかしをしてくる人も出てくる。そこで、注意すべき言葉、こういう奴を信用するな!っていうポイントをまとめてみたよ。

《2次元殺法コンビ》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ペネトレーションテスターは見た! 第2回「誰が困る? 脆弱性出すぎ問題」

    ペネトレーションテスターは見た! 第2回「誰が困る? 脆弱性出すぎ問題」

  2. [数字でわかるサイバーセキュリティ] 5年間に上場企業から漏洩した個人情報、日本人口の半数

    [数字でわかるサイバーセキュリティ] 5年間に上場企業から漏洩した個人情報、日本人口の半数

  3. ペネトレーションテスターは見た! 第1回「ペンテスターの苦悩 ~ 脆弱性が見つからないのは○○だから?」

    ペネトレーションテスターは見た! 第1回「ペンテスターの苦悩 ~ 脆弱性が見つからないのは○○だから?」

  4. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

  5. リーク情報:イギリスで政府による国民のリアルタイム監視合法化の動き、BT他キャリア大筋合意(The Register)

  6. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  7. [セキュリティ ホットトピック] 対策不足 ~ ファイアウォール導入9割超も、WAFは2割にとどまる

  8. ISMS認証とは何か■第1回■

  9. [編集長対談] あえて100点を目指さないプライド、NHN テコラスのセキュリティ脆弱性診断

  10. 工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第4回「不在証明」

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×