Adobe Flash Playerの脆弱性について注意喚起、アドビは既にアップデートを公開(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2021.08.02(月)

Adobe Flash Playerの脆弱性について注意喚起、アドビは既にアップデートを公開(JPCERT/CC)

 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4日、Adobe Flash Playerの脆弱性について、注意を呼びかけた。アドビがアップデートを公開しているが、この脆弱性を突く攻撃が、すでに発生しているという。

脆弱性と脅威 脅威動向
 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4日、Adobe Flash Playerの脆弱性について、注意を呼びかけた。アドビがアップデートを公開しているが、この脆弱性を突く攻撃が、すでに発生しているという。

 Adobe Flash Playerには、複数の脆弱性があり、悪用するコンテンツをユーザーに開かせることで、Adobe Flash Playerが不正終了したり、任意のコードが実行されたりする可能性があるという。今回のアップデートにて修正される脆弱性(CVE-2015-8651)を悪用する、限定的な標的型攻撃がアドビにより確認されている。

 対象バージョンは、Adobe Flash Player 20.0.0.228およびそれ以前(Internet Explorer、Microsoft Edge、Google Chrome)、Adobe Flash Player 20.0.0.235およびそれ以前(Mozilla Firefox、Apple Safariなど)。最新版にバージョンアップすることで脆弱性は解消される。

Adobe Flash Playerの脆弱性を突く攻撃が発生中

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×