最新版以外のIEがサポート対象外になるまで1カ月を切る、移行を呼びかけ(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

最新版以外のIEがサポート対象外になるまで1カ月を切る、移行を呼びかけ(IPA)

IPAは、マイクロソフトが提供するWebブラウザ「IE」のサポートポリシー変更について注意喚起を発表した。マイクロソフトは2016年1月12日(日本時間)より、IEのサポートポリシーを変更、サポート対象が「各 Windows OSで利用可能な最新版のみ」となる。

脆弱性と脅威 脅威動向
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は12月15日、マイクロソフトが提供するWebブラウザ「Internet Explorer(IE)」のサポートポリシー変更について注意喚起を発表した。マイクロソフトは2016年1月12日(日本時間)より、IEのサポートポリシーを変更、サポート対象が「各 Windows OSで利用可能な最新版のみ」となる。サポートの対象外となるバージョンは、マイクロソフトがセキュリティ更新プログラムを提供しなくなるため、新たな脆弱性が発見されても対策が行われなくなる。

サポート対象外のIEを使用していて新たな脆弱性が発見され、攻撃者がその脆弱性を悪用した場合、ウイルス感染などにより「ブラウザを正常に利用できなくなる」ほか「情報が漏えいする」などの被害に遭うおそれがある。IPAでは、サポートポリシーの変更まで1カ月を切ったことから注意喚起の発表に至ったという。またIPAでは、使用しているIEのバージョンが最新版であるかを確認し、最新版ではない場合にはバージョンアップするよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×