デル製PCやタブレットのサポート機能が原因で情報漏えいの可能性(JVN) | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

デル製PCやタブレットのサポート機能が原因で情報漏えいの可能性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、デル製のPCやタブレットにインストールされる遠隔サポート用のコンポーネント「DFS」および、ユーザ権限で Dell のサポートサイトと連携して動作するアプリケーション「DSD」が原因で機密情報が漏えいする可能性があると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は11月26日、デル製のPCやタブレットにインストールされる遠隔サポート用のコンポーネント「Dell Foundation Services(DFS)」および、ユーザ権限で Dell のサポートサイトと連携して動作するアプリケーション「Dell System Detect(DSD)」が原因で機密情報が漏えいする可能性があると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSSによる最大Base Scoreは9.4。

「DFS」および「DSD」は、ルート証明書と秘密鍵をインストールする。攻撃syは信頼された証明書を作成することで、これらがインストールされたWindows PCやタブレットなどでユーザになりすましたり、中間者(man-in-the-middle)攻撃により、通信内容を解読したりすることが可能となる。結果として、機密情報が漏えいする可能性がある。対策方法として、Windowsの証明書MMCスナップイン(certmgr.msc)を使用して証明書を「信頼されていない証明書」に移動することを勧めている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×