Apple OS X のスクリプトエディタにおいて遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity
2020.10.29(木)

Apple OS X のスクリプトエディタにおいて遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

Apple 社のスクリプトエディタにある不備を利用して、遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性が報告されています。利用者はアップデートにより当該脆弱性に対処することを推奨します。

脆弱性と脅威 エクスプロイト
1.概要
Apple 社のスクリプトエディタにある不備を利用して、遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性が報告されています。利用者はアップデートにより当該脆弱性に対処することを推奨します。


2.深刻度(CVSS)
7.5
https://nvd.nist.gov/cvss.cfm?version=2&name=CVE-2015-7007&vector=(AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P)


3.影響を受けるソフトウェア
OS X 10.11.1 未満のバージョンが当該脆弱性の影響を受ける可能性があります。


4.解説
スクリプトエディタは OS X 上で自動制御を行うためのプログラミング言語である AppleScript を編集するためのソフトウェアです。

当該脆弱性は Rapid 7 社の Joe Vennix 氏によって報告されました。OS X の10.11.1 未満のバージョンでは、スクリプトエディタ上で Command + R をタイプすることにより、利用者に確認を行わずに AppleScript を実行されてしいます。Safari では applescript:// で開始される URL をアドレスバーに指定することにより AppleScript のエディタを起動可能であるため、当該脆弱性を利用するために applescript:// で始まる URL に任意のコードを挿入し対象ホストにスクリプトエディタ上で Command + R をタイプさせることにより実行させることが可能となります。


5.対策
OS X のバージョンを 10.11.1 以上にアップデートすることにより、対処することが可能です。


6.ソースコード
(Web非公開)

(執筆:株式会社ラック サイバー・グリッド研究所

※Web非公開該当コンテンツ閲覧をご希望の方はScan Tech Reportにご登録(有料)下さい。

Scan Tech Report
http://scan.netsecurity.ne.jp/archives/51916302.html
《株式会社ラック デジタルペンテストサービス部》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×