日本発 国際サイバーセキュリティ会議「CODE BLUE」開会、来場者 600 名超 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.06.25(日)

日本発 国際サイバーセキュリティ会議「CODE BLUE」開会、来場者 600 名超

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

開催第 3 回を迎える日本発の国際サイバーセキュリティ会議「CODE BLUE」が本日 10 月 28 日 午前 10 時 ベルサール新宿グランドで開会した。

来場者は 600 名オーバーとなり、当初から運営目標としていた 500 名を超えた(2014 年 2 月の第 1 回開催で約 400 名、同 2014 年 12 月の第 2 回開催で約 450 名)。日本国内で開催される有料セキュリティカンファレンスとして記録的来場者数となった。

CODE BLUE は、10 月 28 日、29 日の 2 日間にわたって開催され、当日登録の場合 45,000 円。29 日閉会後はネットワーキングパーティが開催され、国内および海外から訪れた一線の専門家と交流することができる。
《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

研修・セミナー・カンファレンス カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. IPAなどの注意喚起情報では間に合わない~脆弱性を狙う攻撃とその対策(EGセキュアソリューションズ、ジェイピー・セキュア)

    IPAなどの注意喚起情報では間に合わない~脆弱性を狙う攻撃とその対策(EGセキュアソリューションズ、ジェイピー・セキュア)

  2. [速報] Interop Tokyo 2017 Best of Show Award 2017 セキュリティカテゴリ受賞プロダクト一覧と受賞理由

    [速報] Interop Tokyo 2017 Best of Show Award 2017 セキュリティカテゴリ受賞プロダクト一覧と受賞理由

  3. セキュリティとユーザーエクスペリエンスは本当にトレードオフなのか

    セキュリティとユーザーエクスペリエンスは本当にトレードオフなのか

  4. AWS 環境に構築した SNS サイトへのハッキングデモ(MBSD)

  5. アジア人初の DEF CON CTF ファイナリスト集団によるハンズオントレーニング、虎ノ門ヒルズに開校

  6. 緊急会見~ランサムウェア「WannaCry」特徴と対策(トレンドマイクロ)

  7. 高度IT人材の発掘~セキュリティ・キャンプの応募課題がすごすぎる件

  8. ランサムウェアの歴史と未来 - 世界最初のランサムウェアはフロッピーを郵送?(ESET)[Security Days Spring 2017 レポート]

  9. 「Trend Micro CTF 2017」を6月24日から開催、優勝賞金は100万円(トレンドマイクロ)

  10. [Security Days Spring 2017 インタビュー] ソフトバンクが惚れ込んだ標的型攻撃対策のEDR製品(サイバーリーズン・ジャパン)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×