復活を遂げた危険なバンキングマルウェアが英国を襲う~「双子のトロイの木馬」がサプライチェーン企業を狙って旋回する(The Register) | ScanNetSecurity
2023.02.09(木)

復活を遂げた危険なバンキングマルウェアが英国を襲う~「双子のトロイの木馬」がサプライチェーン企業を狙って旋回する(The Register)

「これまで観察されてきた、この『特定の変更』が示しているのは、攻撃者の一面、『新たな産業として、サプライチェーン全域のあらゆるもの』を狙った明確かつ意図的な戦略である」

国際 TheRegister
恐るべきバンキング系マルウェア「Dyreza」と「Dridex」がリニューアルされ、マクロベースの活動を再編成して帰ってきた。前者には、「産業のサプライチェーンの組織を標的とする活動の戦略」が、そして後者には「英国を粉砕する活動の戦略」が含まれている。

どちらのマルウェアの実例も、非常に危険だ。Dyreza は強力な MITB(man-in-the-browser)のトロイの木馬で、その作者たちは「金融部門の外」へと標的を移してきた。

その作者たちは長期に渡って、人員募集、サイバーロッカー(オンラインストレージ)、ドメイン登録、税務サービスなどの分野を標的に追加してきた。
《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×