バンキングマルウェア「SHIFU」を検知・防御できたことを検証(FFRI) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

バンキングマルウェア「SHIFU」を検知・防御できたことを検証(FFRI)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社FFRIは10月14日、同社の標的型攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」および個人・SOHO向けセキュリティソフト「FFRI プロアクティブ セキュリティ(Mr.F)」が、バンキングマルウェア「SHIFU」をリアルタイムに検知・防御していたと発表した。これは、偽メールに添付された“特定の組織からの注文連絡”や“複合機からの自動送信”を装ったWordファイルが実行されたときにダウンロードされるマルウェア。

このWordファイルには不正なマクロが含まれており、ユーザが使用するWordのマクロが有効になっている場合や、マクロを有効化してしまった場合に実行される。同社では今回問題となっているWord文書ファイルを入手し、検証を行った結果、「FFR yarai」および「FFRI プロアクティブ セキュリティ(Mr.F)」で検知・防御できたという。検証に使用したバージョンは6月4日にリリースされているため、同様の手法による攻撃を未然に防げたとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×