「Dr.WEB」からのメールを装う感染目的のメールをロシアで確認(Dr.WEB) | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

「Dr.WEB」からのメールを装う感染目的のメールをロシアで確認(Dr.WEB)

Dr.WEBは、同社からの通知を装ったメールが送信されていることをロシア国内で確認したと発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は9月29日、同社からの通知を装ったメールが送信されていることをロシア国内で確認したと発表した。メッセージのヘッダーには「Hello [ユーザ名], we would like to invite you to become our Tester(Здравствуйте, [имя пользователя], станьте нашим Тестером)」と記載され、内容はユーティリティ「Dr.Web CureIt 2」のテスターとしての参加を呼びかけるものであったという。

また、その際にユーザはユーティリティとの非互換性を避けるためアンチウイルスソフトウェアを無効にするよう指示される。さらに、本文内のリンクをクリックすると偽のWebサイトにアクセスし、トロイの木馬「Trojan.PWS.Stealer.13052」がダウンロードされたという。このトロイの木馬は、感染したPCに保存されているパスワードなどの情報を盗む。同社ではこういった、よく知られたウイルス対策企業の名前を使用してユーザの信頼を得ようとする感染手法に注意するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×