複数の企業がスマートロックを展示、LINEやFacebookのメッセージ機能でカギのシェアも可能に | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.21(土)

複数の企業がスマートロックを展示、LINEやFacebookのメッセージ機能でカギのシェアも可能に

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

 住宅用のカギとして近年注目を集めているのがスマートフォンなどを使って電子錠の施錠・解錠を行う、いわゆる「スマートロック」の数々。5日まで東京ビッグサイトで開催されていた「賃貸住宅フェア2015」にも複数の企業がスマートロックの展示を行っていたのでまとめて紹介していこう。

 今回ピックアップするのは、スマートフォンなどを使って解錠・施錠することに特化したタイプのもので、トビラの内側(家の中側)にあるサムターン部分を覆うように設置して、外側には端末を設置する必要がないサムターンカバー型スマートロック。

 このタイプに該当するのが、Qrioの「Qrio Smart Lock」とLinoughの「Ninja Lock」となる。いずれも解錠・施錠は、スマートフォンやタブレットで操作でき、設置時は、トビラの内側にあるサムターンの上から強力な粘着シートで貼り付けるだけというのが特徴で、ドアを傷つけたり、設置工事をする必要がない。

 「Qrio Smart Lock」(Qurio)は、W115.5×H57×D74mmという小型なサイズで、機能としては、スマートフォンを使ってカギの操作が行える。LINEやFacebookのメッセージ機能を使って、カギをシェアさせることも可能だ。

 シェアしたカギに関しては、決まった時間、決まった日程だけ使える設定にすることができる。解錠・施錠操作は、専用のアプリを使い、電源はCR123A型電池を2本使用(1日10回の使用で約500日)し、予備電池を入れておけば最大1,000日まで持つ。仮に電池が切れてしまった場合でも、カギ穴はそのまま残っているので、物理キーで解錠・施錠が行える。通信は、Bluetooth 4.0 Low Energy(BLE)、対応OSは、iOS7以上、Android4.4以上。

 続いては、「Ninja Lock」(Linough)。サイズはW151×H71×D40.5mmで、専用アプリからカギの操作が行えて、キーのシェアや取り付けたドアのオートロック化、開閉記録の保存などができる。電池は単3形乾電池4本(1日10回使用で約1年使用可能)。通信は、Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n)Bluetooth 4.0 Low Energy(BLE)、対応OSは、iOS7以上、Android4.3以上。

 いずれの製品も簡単な設置と運用が可能で、不特定多数の利用者がいる施設や住居者の入れ替わりがある賃貸物件でのカギ管理、空き物件を管理する不動産業者間の合い鍵受け渡しなどの効率化といった効果が期待できるだろう。

話題のスマートロックが一堂に集結! サムターンカバー型スマートロック編

《防犯システム取材班@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

研修・セミナー・カンファレンス カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 米メールセキュリティ企業が提供するBEC対策 (日本プルーフポイント) [ Email Security Conference 2017インタビュー]

    米メールセキュリティ企業が提供するBEC対策 (日本プルーフポイント) [ Email Security Conference 2017インタビュー]

  2. 2017年8月25日 名和利男の目に映った光景

    2017年8月25日 名和利男の目に映った光景

  3. 超音波サイバー攻撃技術「ソニックガン」、中国ハッカーが公表

    超音波サイバー攻撃技術「ソニックガン」、中国ハッカーが公表

  4. 井之上PR社長 鈴木孝徳のセキュリティ事故発生時の記者会見「べからず集」

  5. デロイト丸山満彦の危機管理広報論~セキュリティインシデント発生後のマスコミ対応ポイント

  6. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第1回「インシデント対応ハンズオン2017」について語る

  7. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第2回「今求められるSOC、CSIRTの姿とは~世界の攻撃者をOMOTENASHIしないために~」について語る

  8. 最も大事なものはすでに盗まれている(Niサイバーセキュリティ)[Security Days 2017 インタビュー]

  9. 総務省の「自治体情報システム強靱性向上」、その成果と新たな課題

  10. ラグビー山田選手がJSOCの一日センター長に、情報モラルの親子勉強会も(ラック)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×