スマホ利用時の自分が守るルール「個人情報が漏れないようにする」が最多に | ScanNetSecurity
2023.02.03(金)

スマホ利用時の自分が守るルール「個人情報が漏れないようにする」が最多に

 NTTドコモのモバイル社会研究所では、2022年2月にスマホ利用時のルールと危険性ついて「2022年 スマホ利用者行動調査」を実施。スマホ利用時の自分が守るルールは「個人情報が漏れないようにする」が最多となった。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 NTTドコモのモバイル社会研究所では、2022年2月にスマホ利用時のルールと危険性ついて「2022年 スマホ利用者行動調査」を実施。スマホ利用時の自分が守るルールは「個人情報が漏れないようにする」が最多となった。

 モバイル社会研究所が行った「2022年 スマホ利用者行動調査」の対象は、全国の15~79歳の男女。調査方法はWebで、有効回答数は6,272であった。

 スマホ利用時に自分が守るルールを決めている人の割合は、15~19才までの10代は約6割が「ルールがある」と回答。一方で、20代以上は「ルールがある」は5割以下の回答となった。

 スマホ利用時の自分が守るルールには、パスワードや電話帳情報、位置情報、GPS、顔写真等の「個人情報が漏れないようにする」をはじめ、「ゲームやアプリの利用料金の上限や課金の利用方法」「送信・投稿する内容」「困ったときにはすぐに家族に相談する」「利用するサイトやアプリ」「利用時間」「メールやメッセージを送る相手」等があがった。

 ルールがある人が、スマホ利用時に自分が守るルールの内訳は年代により異なるが、「個人情報が漏れないようにする」は、すべての世代でもっとも高くなった。

 また、同調査によると個人情報流出、詐欺被害等、スマホ利用時の危険性について学んだ機会は10代がもっとも多く、中でも「学校」が最多に。10代は94%、20~24歳の20代前半は77%と、圧倒的に学校で学んだ割合が高い結果となった。一方、その他の年代はスマホ利用時の危険性について学んだ機会が6~7割にとどまった。

 さらに、中・高齢層にも学校で学んだケースがあり、PTA活動等を通して、学校での学びがあることもうかがえる。その一方で、家庭での学びはすべての世代で1~3割と、高い数値とはならなかった。同研究所が2022年11月2日に発表したライフスタイルレポートによると、スマートフォン利用時の危険性を学んだ機会については、インターネット利用が高い若い世代においても、テレビでの学びが高いことが特徴的であった。

 同研究所によると、インターネットや本は、自ら知りたいことを学習して「知識」を得る、「目的」的な学習。それに対し、テレビは「無目的」的な学習で、偶然に見てしまったために学習し、それが「知識」となり「常識」となる、というテレビの特性が表れていることがうかがえるという。

 調査結果の詳細は、NTTドコモのモバイル社会研究所Webサイトにて確認できる。


スマホ脳 (新潮新書)
¥1,078
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

スマホ利用ルール…最多は「個人情報が漏れないようにする」

《いろは@リセマム》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×