[Black Hat USA 2015] FBIが「サイバー犯罪と戦う人物」を「指名手配」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.17(日)

[Black Hat USA 2015] FBIが「サイバー犯罪と戦う人物」を「指名手配」

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

毎夏ラスベガスで開催される Black Hat USA は、多くの企業にとって、世界から集まるトップクラスの才能をリクルートする場としても活用されてきた。Black Hat では、本年から企業展示スペースである「ビジネスホール」に、「Career Zone」と呼ぶ、就転職に関する面談を行うことができるコーナーを新たに開設、監査法人の PwC などが出展していた。

また、米連邦捜査局(FBI)のブースでは、「サイバー犯罪と戦う人物」を「指名手配」する仕立ての展示が準備されているなど、「Career Zone」に出展していない企業でも、製品やサービスの紹介だけではなく、ヘッドハンティングも目的の一部とする展示が少なからず見受けられた。

はじめて Black Hat に出展したという KPMG は、本誌の取材に対し、「今年はじめて Black Hat に出展したが、これは私たちとして最初の試みであり、4大監査法人として唯一となった。ブースでは自社サービスの広報を行う一方で、セキュリティ部門でのリクルーティングを目的としたイベントも行う予定(同社アドバイザリーサービス部ディレクター フェリシア・ドルソン-カペルッティ氏)」と答えた。フェリシアさんによれば、サイバーセキュリティとビジネスが切り離して考えられなくなっており、来年も出展することをすでに決めているという。

ブーズ・アレン・ハミルトン社も、同社のサイバーセキュリティサービスの PR と同時に、人材探しも出展目的のひとつであると述べ「これほど高度なセキュリティ技術者が集まる場所は他にない」と語った。

高度なセキュリティ人材の確保には国内外を問わず重視している事情がうかがえた。
《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

研修・セミナー・カンファレンス カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. C&Cサーバへの攻撃デモ、サイバーセキュリティに報復攻撃は認められるべきか

    C&Cサーバへの攻撃デモ、サイバーセキュリティに報復攻撃は認められるべきか

  2. CODE BLUEのハッキングコンテストで優勝、賞金2万ドルを獲得(NHNテコラス)

    CODE BLUEのハッキングコンテストで優勝、賞金2万ドルを獲得(NHNテコラス)

  3. x86 アーキテクチャに潜む脆弱性、未定義命令実行後の挙動

    x86 アーキテクチャに潜む脆弱性、未定義命令実行後の挙動

  4. 2017年8月25日 名和利男の目に映った光景

  5. イスラエル発の国際セキュリティ会議「Cybertech」、11月30日開催(Cybertech Tokyo 運営事務局)

  6. DMARCの国内ISP導入事例

  7. Scan勉強会「サイバー空間における日本企業及団体の情報漏えい実態」開催(イード)

  8. サイバー犯罪対策、産学官連携の成果 -- JC3 間仁田氏報告

  9. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第5回「知らないと困る?! 認証局とHTTPSの最新動向」について語る

  10. ランサムウェアの歴史と未来 - 世界最初のランサムウェアはフロッピーを郵送?(ESET)[Security Days Spring 2017 レポート]

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×