社員のPCにあるマイナンバーを自動的に検索し暗号化するソリューション(東芝情報システム) | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

社員のPCにあるマイナンバーを自動的に検索し暗号化するソリューション(東芝情報システム)

東芝情報システムは、社員のPCに保存されているマイナンバーや個人情報、設計図面などの重要・機密情報ファイルを見つけ出し、自動で暗号化するソリューション「File Secure-Protection」の販売を9月より開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
東芝情報システム株式会社は7月28日、社員のPCに保存されているマイナンバーや個人情報、設計図面などの重要・機密情報ファイルを見つけ出し、自動で暗号化するソリューション「File Secure-Protection」の販売を9月より開始すると発表した。同ソリューションは、オンプレミスに設置するFile Secure-Protection専用サーバにより、あらかじめ指定したルールで社員のPCに保存されている重要・機密ファイルを定期的に検索する。

検索の結果、重要・機密ファイルを発見すると、閲覧制限(閲覧期間や回数、印刷可否等)を付与して重要・機密情報ファイルを自動で暗号化する。これにより、万一重要・機密ファイルが社外に流出した場合でも、ファイルは暗号化されているため機密情報の流出を防止できる。また管理者は、重要・機密ファイルが誰のPCのどこに保管されているかを把握することも可能になる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×