社員のPCにあるマイナンバーを自動的に検索し暗号化するソリューション(東芝情報システム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

社員のPCにあるマイナンバーを自動的に検索し暗号化するソリューション(東芝情報システム)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

東芝情報システム株式会社は7月28日、社員のPCに保存されているマイナンバーや個人情報、設計図面などの重要・機密情報ファイルを見つけ出し、自動で暗号化するソリューション「File Secure-Protection」の販売を9月より開始すると発表した。同ソリューションは、オンプレミスに設置するFile Secure-Protection専用サーバにより、あらかじめ指定したルールで社員のPCに保存されている重要・機密ファイルを定期的に検索する。

検索の結果、重要・機密ファイルを発見すると、閲覧制限(閲覧期間や回数、印刷可否等)を付与して重要・機密情報ファイルを自動で暗号化する。これにより、万一重要・機密ファイルが社外に流出した場合でも、ファイルは暗号化されているため機密情報の流出を防止できる。また管理者は、重要・機密ファイルが誰のPCのどこに保管されているかを把握することも可能になる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×