2,150 万人の職員の詳細情報を盗難された米 OPM のボスが辞任~Katherine Archuleta は就任から 2 年で退職(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.15(水)

2,150 万人の職員の詳細情報を盗難された米 OPM のボスが辞任~Katherine Archuleta は就任から 2 年で退職(The Register)

国際 TheRegister

政府機関が受けたハッキング攻撃の規模について、新たな発表が行われたことをきっかけに、米連邦人事管理局(OPM)長官が辞表を提出した。

「私は今朝(編集部註:2015 年 7 月 10 日)、連邦人事管理局長官としての辞表を提出し、それは大統領に受諾された」と彼女は声明で述べた。

「新たなリーダーシップを迎え入れ、この機関が現在の課題を乗り越えられるようにし、また OPM の職員たちが重要な任務を遂行していくために、私が退くことが最善だと信じているということを、私は大統領に伝えた。」

※本記事は Scan PREMIUM に全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×