2,150 万人の職員の詳細情報を盗難された米 OPM のボスが辞任~Katherine Archuleta は就任から 2 年で退職(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.05(金)

2,150 万人の職員の詳細情報を盗難された米 OPM のボスが辞任~Katherine Archuleta は就任から 2 年で退職(The Register)

Archuleta は昨晩、辞任の意思はなく、この混乱を整理するため現職に留まる意向であるということを伝えたばかりだった。周囲の同意を得られなかった彼女が、解任されるよりは辞任することを決断したのは明らかだ。

国際 TheRegister
政府機関が受けたハッキング攻撃の規模について、新たな発表が行われたことをきっかけに、米連邦人事管理局(OPM)長官が辞表を提出した。

「私は今朝(編集部註:2015 年 7 月 10 日)、連邦人事管理局長官としての辞表を提出し、それは大統領に受諾された」と彼女は声明で述べた。

「新たなリーダーシップを迎え入れ、この機関が現在の課題を乗り越えられるようにし、また OPM の職員たちが重要な任務を遂行していくために、私が退くことが最善だと信じているということを、私は大統領に伝えた。」

※本記事は Scan PREMIUM に全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×