ここが変だよ日本のセキュリティ 第14回「逃げちゃダメだ!標的型メール対応訓練」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

ここが変だよ日本のセキュリティ 第14回「逃げちゃダメだ!標的型メール対応訓練」

特集 特集

何だね君はぁ?「2次元彼女への愛に覚醒した私にとって、もはや現実と仮想の境目なんて無くなったに等しいのさ。今や通貨でさえも既存の決済システムや国家さえも超えて仮想通貨へシフトし始めています。恋も通貨も仮想の波に乗り遅れちゃダメだよ!」2次元殺法コンビお待たせしました。今回は、年金機構の情報漏えいのニュースで対策としてよく取り上げられている、標的型メール対応訓練について掘り下げてみたよ。


●年金機構の情報漏えいは歴史的不祥事
 情報漏えい事件は、忘れた頃にやってくる、いや、舌の根も乾かぬうちにやってくる。年金機構で起きた情報漏えいの不祥事は、サイバー攻撃の歴史的な事件となった。執筆中にも新たな事実が次々と報道されてきて、どこで区切って記事にしてよいか、頃合いに迷うほどだ。社会保険庁だった頃の2007年の年金記録問題で当時のずさんな管理問題の印象を拭えないままに起きてしまっただけに、社会の批判は大きく、政府の信頼すら揺るがすほどとなった。
 皆さん、もうさんざんニュースは見たと思う。攻撃手法やら、管理はどこが不味かったなど、テレビや新聞で多くの専門家が解説してくれている。そしてこの連載では、他ではあまり言われていないだろう部分を掘り下げていくよ…

※本記事は2015年7月6日(月)配信の Scan PREMIUM に全文を掲載します
《2次元殺法コンビ》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×