日本の複数組織への標的型攻撃は中国「Red Apollo」、いまだ継続中(プライスウォーターハウスクーパース) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

日本の複数組織への標的型攻撃は中国「Red Apollo」、いまだ継続中(プライスウォーターハウスクーパース)

脆弱性と脅威 脅威動向

プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)は7月2日、日本国内における複数の企業・組織を標的としたAPTグループの活動を観測したとして、注意喚起を発表した。これは、同社のサイバー攻撃の観測・分析活動を行っている専門チーム「スレットリサーチラボ」が観測したもの。特に2015年5月頃から「政府・官公庁、特定団体・機構、金融、航空、自動車、エネルギー企業」などの多数の国内組織からDNSシンクホールへ継続的な通信などを観測したという。

この5月から6月にかけて、国内で標的型攻撃による被害が多数発覚しているが、それら以外にも水面下でAPTグループによる攻撃が行われている可能性があるとしている。同ラボでは、今回の分析結果をもとに直接もしくは第三者機関を通じて、被害組織へ情報提供を行ったという。また、攻撃パターンの分析から、中国の2つのAPTグループからの攻撃であることを確認し、同社ではこれらのグループを「Red Apollo」および「Red Wave」と命名。観測したアクセスの約9割は「Red Apollo」からの攻撃であることも判明している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×