保証人に送付した学費請求書の住所に誤り、個人情報が漏えい(横浜市立大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.20(木)

保証人に送付した学費請求書の住所に誤り、個人情報が漏えい(横浜市立大学)

公立大学法人横浜市立大学は4月24日、同大学学生の保証人に送付する学費請求書の宛先住所に誤りがあり個人情報の漏えいが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
公立大学法人横浜市立大学は4月24日、同大学学生の保証人に送付する学費請求書の宛先住所に誤りがあり個人情報の漏えいが判明したと発表した。

これは4月16日に同大学企画財務課より学費請求書を発送し、4月20日13時30分頃に郵便局から宛先不明で返送されたものについて確認したところ、学部生70名分の学費請求先住所が昨年度の学部生と大学院生の1年生(現2年生)のものであったことが判明したというもの。同日夕方には、宛名に心当たりのない郵便物が届いたとの問い合わせが2件あり個人情報の漏えいが確定した。

誤送付件数は合計70件で、うち個人情報が漏えいしたもの2件、未回収で誤った宛先に届く可能性のあるもの31件、宛名不明で返送されたもの37件で、漏えいした個人情報は保証人氏名、学籍番号、学生氏名。

同大学教育推進課の職員が学生情報のデータを上書きする際、「学費請求先住所」の項目更新を一部失念したことにより新入生70人分について当該項目のみ情報が誤って登録されたのが原因とのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×