アベンテイル社の技術を取り入れた1UラックSSL VPNアプライアンスを発売(米SonicWALL) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

アベンテイル社の技術を取り入れた1UラックSSL VPNアプライアンスを発売(米SonicWALL)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

米SonicWALL社は11月26日、大規模ネットワークにも対応するリモートアクセス用アプライアンス製品群「SonicWALL Aventail E-Class SSL VPN」を発表し、同日より国内出荷を開始した。

同製品は、本年7月に同社が買収したアベンテイル社の技術を取り入れた1UラックサイズのSSL VPNアプライアンス。さまざまなリモートアクセス環境に対応し、クライアント端末の接続形態(有線・無線)および端末の種類、OSに依存せずに安全な通信を確立可能。端末のセキュリティ状況を把握し、端末のセキュリティが最新でない場合は強制的に必要なアップデートを促したり、添付ファイルをブロックするなど、きめ細かなポリシー適用とアクセス制御を実施できるポリシー管理機能。端末が紛失・盗難にあった場合でも、端末の証明書を検出してアクセス権を取り消すことができる、アベンテイル社独自の「デバイスウォーターマーク」機能などを搭載。

製品群は、同時接続ユーザー数が最大50名、250名、2,000名となるEX-750/1600/2500の3機種。本体価格は、EX-750が1,082,550円〜、同1600が2,707,950円〜、同2500が6,229,650円〜。

http://www.sonicwall.com/japan/products/products_sa_sslvpn.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×