WAFの導入から運用までをワンパッケージで提供するサービスを開始(ラック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

WAFの導入から運用までをワンパッケージで提供するサービスを開始(ラック)

ラックは、WAFを活用した「JSOC WAF運用管理サービス」の提供を7月1日より開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ラックは6月30日、WAFを活用した「JSOC WAF運用管理サービス」の提供を7月1日より開始すると発表した。同サービスは、企業や団体組織のホームページ(Web)を狙ったサイバー攻撃による被害が増加している現状を踏まえたもので、ネットショッピングなどのWebブラウザ上で動作するアプリケーション・プログラムを保護する、導入から運用までをワンパッケージとしたサービス。

WAFの性能を発揮するには、導入時に防御のためのポリシー設計を行うこと、そして導入後の適切な運用を行わなければならず、経験に裏打ちされたノウハウが必要なことや、運用負担が大きいことが導入障壁となっている。同サービスでは、同社の「JSOC」が導入前のセキュリティ診断から導入時のポリシー設計を行うほか、運用においても同社が開発したカスタムシグネチャ「JSIG」を適用することで、ゼロデイ脆弱性にもきめ細かに対応する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×