「FireEye」と「i-Filter」の連携ソリューションを提供(MSYS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

「FireEye」と「i-Filter」の連携ソリューションを提供(MSYS)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

丸紅情報システムズ株式会社(MSYS)は6月19日、米FireEye社と販売代理店契約を締結し、セキュリティアプライアンス製品「FireEye」の取り扱いを開始すると発表した。またMSYSは、「FireEye」とWebフィルタリング製品「i-Filter」両製品の正規販売代理店として初めて連携ソリューションを販売する。FireEyeは、サンドボックス技術により未知のマルウェアや攻撃など検出する、標的型攻撃対策に特化したセキュリティ製品。

Web経由の攻撃を検知する「NXシリーズ」、メールを利用した攻撃を検知する「EXシリーズ」、両製品を一元管理できる「CMシリーズ」の3製品で構成される。また、NXシリーズで未知のC&Cサーバ屋不正が潜むと思われるWebサイトを検知しブロックするまでに、環境によっては一定の時間を要することから、i-Filterとの連携ソリューションも提供する。FireEyeで検知したC&Cサーバのアドレスをi-Filterが自動的にフィルタルールに追加するため、即時のブロックが可能になる。i-Filterではサイトのアクセスを遮断した理由も明示されるため、ユーザの理解も促進できる。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×