SMSでパスワードの更新を促すフィッシングを確認、注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

SMSでパスワードの更新を促すフィッシングを確認、注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

脆弱性と脅威 脅威動向

フィッシング対策協議会は6月16日、銀行を装って携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)を送り、フィッシングサイトに誘導する手口が確認されたとして、注意喚起を発表した。確認されたメッセージには、パスワードが失効するとして、メンテナンスサイトにアクセスして更新をするよう、リンクとともに書かれている。

フィッシングと気づかずにリンクをクリックし、ログインIDやパスワードを入力してしまうと、その情報を窃取され、銀行口座に不正にアクセスされる可能性がある。同日14時現在、三井住友銀行および三菱東京UFJ銀行を騙るSMSの送信が確認されている。いずれの銀行もログインパスワードの変更を促すようなアナウンスは行っていない。万一、情報を入力した場合には速やかに各金融機関の窓口に相談するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×