アカウント情報をオンラインで一元管理できるサービス、攻撃を受けてユーザーデータの一部が流出(LastPass) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.14(金)

アカウント情報をオンラインで一元管理できるサービス、攻撃を受けてユーザーデータの一部が流出(LastPass)

 オンラインパスワード管理サービスの「LastPass」は米国時間15日、同社のサービスが攻撃を受けたことを公式ブログで発表した。翌16日には、ユーザーに対してメールで注意を呼びかけている。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 オンラインパスワード管理サービスの「LastPass」は米国時間15日、同社のサービスが攻撃を受けたことを公式ブログで発表した。翌16日には、ユーザーに対してメールで注意を呼びかけている。

 それによると、先週金曜日に、不審な動きをネットワーク上で発見。ただちに遮断したとのこと。しかしアカウント(電子メールアドレス)、パスワードなど、ユーザーデータの一部が流出したとみられる。

 データは暗号化されているため、安全であるとLastPassは説明しているが、新しいデバイスやIPアドレスからログインが行われた場合、Eメールによる検証を行う。またマスターパスワードの変更を呼びかけている。

 「LastPass」は、ECショッピングなどで利用されるアカウント/パスワードを、オンラインで一元管理できるサービス。ブラウザ環境の同期サービス「Xmarks」が、パスワード管理にLastPassを利用している。

オンラインパスワード管理「LastPass」、外部攻撃で情報流出の可能性

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×