東京商工会議所のPCが標的型メールによるウイルス感染、個人情報が漏えい(東京商工会議所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.13(火)

東京商工会議所のPCが標的型メールによるウイルス感染、個人情報が漏えい(東京商工会議所)

東京商工会議所は、所内PCのウイルス感染により個人情報が漏えいした可能性があると発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
東京商工会議所は6月10日、所内PCのウイルス感染により個人情報が漏えいした可能性があると発表した。5月22日に、同所の事務局員が使用しているPCが標的型メールによりウイルス感染していたことが判明した。これにより、同所国際部で管理していた個人情報(氏名・住所・電話番号・メールアドレス・会社名の一部または全部)が漏えいした可能性があるという。件数は公表されていないが、最大で延べ12,139件に上る可能性があるとの報道もある。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×