東京商工会議所のPCが標的型メールによるウイルス感染、個人情報が漏えい(東京商工会議所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

東京商工会議所のPCが標的型メールによるウイルス感染、個人情報が漏えい(東京商工会議所)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

東京商工会議所は6月10日、所内PCのウイルス感染により個人情報が漏えいした可能性があると発表した。5月22日に、同所の事務局員が使用しているPCが標的型メールによりウイルス感染していたことが判明した。これにより、同所国際部で管理していた個人情報(氏名・住所・電話番号・メールアドレス・会社名の一部または全部)が漏えいした可能性があるという。件数は公表されていないが、最大で延べ12,139件に上る可能性があるとの報道もある。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×