過去15年間の患者7,749名分の個人情報を紛失(済生会御所病院) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.24(火)

過去15年間の患者7,749名分の個人情報を紛失(済生会御所病院)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 奈良県にある社会福祉法人恩賜財団済生会御所病院は6月6日、個人情報を含むハードディスクを紛失したと発表した。

 これは平成12年から平成27年2月までにリハビリテーションを受けた一部の患者7,749名分の個人情報(患者番号、氏名、年齢、性別、病名、手術名、退院日、日常生活行動レベル)が記録されたポータブル・ハードディスクが所在不明となっていることが5月21日に発覚したというもの。なお当該情報はバックアップ用のコピーデータのため基本データの紛失は無いという。

 現時点で、本件に伴う個人情報の不正流出等の事実は確認されていないとのこと。 
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×