ウイルスメールによる不正アクセスで約125万件の年金情報が流出(日本年金機構) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.21(火)

ウイルスメールによる不正アクセスで約125万件の年金情報が流出(日本年金機構)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

日本年金機構は6月1日、職員の端末に対して外部からウイルスメールによる不正アクセスが行われ、同機構が保有している個人情報の一部が外部に流出したことが判明したと発表した。

現時点で流出したと考えられる個人情報は、二情報(基礎年金番号、氏名)が約3.1万件、三情報(基礎年金番号、氏名、生年月日)が約116.7万件、四情報(基礎年金番号、氏名、生年月日、住所)約5.2万件の約125万件という。

同機構では現在、外部への情報流出を防止するために全拠点でインターネットへの接続を遮断しているとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×