インターポールの新デジタル犯罪センターに「モノ」と「人」で支援(ラック) | ScanNetSecurity
2020.10.27(火)

インターポールの新デジタル犯罪センターに「モノ」と「人」で支援(ラック)

ラックは、インターポールがシンガポールに開設した新組織「IGCI」のデジタル犯罪センターに、技術提供とエンジニア派遣で支援を行うと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社ラックは4月27日、国際刑事警察機構(インターポール)がシンガポールに開設した新組織「The INTERPOL Global Complex for Innovation(IGCI)」のデジタル犯罪センターに、技術提供とエンジニア派遣で支援を行うと発表した。IGCIは、犯罪者の特定、革新的訓練、捜査支援および官民連携のための、最先端の研究・開発施設。ラックは日本電気株式会社(NEC)のサイバーセキュリティソリューションの支援メンバーとして、インターポールとNECのサイバーセキュリティ対策での提携に参画している。

今回ラックは、IGCIの重要な活動を支援するための二つの取り組みを行う。ひとつは、IGCIの中に設置された「インターポール・デジタル犯罪センター(The INTERPOL Digital Crime Centre)」におけるセキュリティシステムのログの相関分析処理を支援することを目的に、サイバー攻撃監視システム「LAC Falcon」を提供する。もうひとつは、前JSOCセンター長として監視事業を率いていたトップエンジニアをIGCIに派遣する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×