Windows OS上でシステム停止や任意のコードを実行される脆弱性を検証(NTTデータ先端技術) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

Windows OS上でシステム停止や任意のコードを実行される脆弱性を検証(NTTデータ先端技術)

NTTデータ先端技術は、HTTP.sys の脆弱性により、リモートでコードが実行される脆弱性に関する検証レポートを公開した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
NTTデータ先端技術株式会社は4月17日、HTTP.sys の脆弱性により、リモートでコードが実行される脆弱性に関する検証レポートを公開した。本脆弱性(MS15-034:CVE-2015-1635)は、WindowsのMicrosoft HTTPプロトコルスタックをつかさどるドライバ「HTTP.sys」においてHTTPリクエストを解析する処理の不備に起因するもの。この脆弱性を悪用して、攻撃者はHTTPを提供するMicrosoft IIS等のHTTP.sysを使ってサービスを提供するWindows 7以降のWindows OS上でシステム停止や任意のコードを実行する可能性がある。

同社では、本脆弱性の再現性について検証を行った。検証は、Windows Server 2012 R2 上のIIS8.5をターゲットシステムとして実施した。ターゲットシステムでMicrosoft IISが稼動しているポートに対して、細工したHTTPリクエストを送信し、ターゲットシステムを停止させるもので、攻撃コードを改変することにより、リモートからターゲットシステム上で任意のコードを実行できる可能性がある。検証の結果、ターゲットシステムの停止に成功した画面が表示された。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×