Windows OS上でシステム停止や任意のコードを実行される脆弱性を検証(NTTデータ先端技術) | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

Windows OS上でシステム停止や任意のコードを実行される脆弱性を検証(NTTデータ先端技術)

NTTデータ先端技術は、HTTP.sys の脆弱性により、リモートでコードが実行される脆弱性に関する検証レポートを公開した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
NTTデータ先端技術株式会社は4月17日、HTTP.sys の脆弱性により、リモートでコードが実行される脆弱性に関する検証レポートを公開した。本脆弱性(MS15-034:CVE-2015-1635)は、WindowsのMicrosoft HTTPプロトコルスタックをつかさどるドライバ「HTTP.sys」においてHTTPリクエストを解析する処理の不備に起因するもの。この脆弱性を悪用して、攻撃者はHTTPを提供するMicrosoft IIS等のHTTP.sysを使ってサービスを提供するWindows 7以降のWindows OS上でシステム停止や任意のコードを実行する可能性がある。

同社では、本脆弱性の再現性について検証を行った。検証は、Windows Server 2012 R2 上のIIS8.5をターゲットシステムとして実施した。ターゲットシステムでMicrosoft IISが稼動しているポートに対して、細工したHTTPリクエストを送信し、ターゲットシステムを停止させるもので、攻撃コードを改変することにより、リモートからターゲットシステム上で任意のコードを実行できる可能性がある。検証の結果、ターゲットシステムの停止に成功した画面が表示された。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×