DDoS攻撃の可視化により、被害の発生前に対策する実証実験に成功(A10、SAP) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

DDoS攻撃の可視化により、被害の発生前に対策する実証実験に成功(A10、SAP)

製品・サービス・業界動向 業界動向

A10ネットワークス株式会社(A10)とSAPジャパン株式会社(SAP)は4月16日、企業に対するDDoS攻撃をリアルタイムで可視化するソリューションの実証実験に成功したと発表した。これは、SAPジャパンが運営する共同研究施設「SAP Co-Innovation Lab Tokyo(COIL Tokyo)」において、両社の製品を連携し、インターネット経由のサイバー攻撃をリアルタイムで可視化するソリューションを共同開発するとともに、その実証実験に成功したというもの。

具体的には、A10の提供するADC(アプリケーション・デリバリー・コントローラー)「Thunder ADC」と、SAPジャパンの提供するインメモリーデータベース「SAP HANA」を連携した「Attack Finder(仮称)」を開発。Thunder ADCの独自OSによるトラフィックの振り分け機能と、SAP HANAのインメモリーデータベースによる高速処理により、新たなセキュリティソリューションを実現したという。

これにより、パケット量から攻撃者のIPアドレスや発信元まで、サイバー攻撃に関する詳細データの確認および自動分析が可能になる。また、リアルタイムで行うため、被害が発生する前に即座に攻撃への対策を行うことができる。さらに、ブラウザでも閲覧可能なシンプルなUIと、多彩なグラフ機能を備えたダッシュボードにより、経営層を含めた全社員が容易に攻撃情報を共有できるとしている。両社は今後、2015年内の商品化を目指し、さらなる開発を進めていくとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×