ラックがアプリケーションパフォーマンス管理市場に本格参入(ラック) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

ラックがアプリケーションパフォーマンス管理市場に本格参入(ラック)

ラックは、米Dynatrace LLCと日本国内における総代理店契約を締結し、Dynatrace製品の販売および製品サポートを開始した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社ラックは4月9日、米Dynatrace LLC(Dynatrace社)と日本国内における総代理店契約を締結し、Dynatrace製品の販売および製品サポートを2015年4月1日より開始したと発表した。Dynatrace社は、業務システムや提供サービスを支えるさまざまなシステムのアプリケーションを快適に使えるように総合的に運用管理する「アプリケーションパフォーマンス管理(APM:Application Performance Management)」で、世界No.1のシェアを持つ会社。今回の締結により、ラックはセキュリティと同様にアプリケーションパフォーマンス管理市場に本格参入する。

Dynatrace社の製品は、全世界で5,800社以上の企業で使われており、急拡大するAPM市場に注力するため、2015年4月1日付で米コンピュウェア・コーポレーションから分社化して設立されている。ラックは、同日付で自社に「Dynatrace事業部」を新設し、APM事業を開始している。同事業部は今回の締結に基づき、代理店を通しての国内販売、代理店サポート、マーケティング、ユーザサポート、業務やサービス提供を直接支えるアプリケーションのパフォーマンス診断サービス、さまざまなシステムのパフォーマンスについてのコンサルティングなどの体制を強化する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×