うつろう脅威、サイバー救急センターの事故対応件数が4年で1,000件に(ラック) | ScanNetSecurity
2021.11.29(月)

うつろう脅威、サイバー救急センターの事故対応件数が4年で1,000件に(ラック)

ラックは、同社の情報セキュリティ事件・事故対応サービス「サイバー救急センター」の事故対応件数が、2011年からの累計で1,000件を突破したと発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社ラックは3月30日、同社の情報セキュリティ事件・事故対応サービス「サイバー救急センター」の事故対応件数が、2011年からの累計で1,000件を突破したと発表した。また、事故対応の経験を踏まえて制作されたレポート「サイバー事故現場からの手紙」を公開した。同レポートは、「『サイバー救急』とは何か」「サイバー救急センター9年の歴史」「『保全活動』における5つの事例」「サイバー事件簿:故障だと思ったら…」の4章により構成される。

2009年に正式に組織化されたサイバー救急センターの母体は、同社が2006年に開始した「個人情報119 番」サービスとなる。しかし、インシデントマネジメント、フォレンジックといった機能が拡充し、複数の案件を同時に対応できるようになったのは2011年であり、その後の4年で1,000件を超える出動実績を記録することとなった。また、深刻な被害が確認された「重大案件」は増加傾向にあり、再発割合も21012年の8%から2014年には28%へと増加している。同センターに連絡のあった組織でもっとも多い業種は、ここ3年でそれぞれ公共、IT、金融と変化している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×