法人向けトランシーバサービスに緊急地震速報の受信に対応した新端末を発表(NTTドコモ) | ScanNetSecurity
2022.01.29(土)

法人向けトランシーバサービスに緊急地震速報の受信に対応した新端末を発表(NTTドコモ)

 NTTドコモは法人向けのパケット通信を利用したトランシーバサービス「ドコモビジネストランシーバ」に、緊急地震速報の受信に対応した新端末を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 NTTドコモは法人向けのパケット通信を利用したトランシーバサービス「ドコモビジネストランシーバ」に、緊急地震速報の受信に対応した新端末を発表した。車載タイプの「iMH-1000」が10日発売、ハンディタイプの「iVo-300」が23日発売となる。

 車載タイプトランシーバ「iMH-1000」は、緊急地震速報、津波警報、災害・避難情報の受信に対応。ハンディタイプトランシーバ「iVo-300」は、緊急地震速報の受信に対応し、本体は防水・防塵仕様となっている。通常モードで約9時間、エコモードで約13時間動作する。

 両機種ともGPS機能とデータ連携サービスとの組み合わせにより、端末の位置情報管理が可能となっている。月額利用料は長期利用コース2,200円、短期利用コース3,000円。

緊急地震速報の受信が可能、「ドコモビジネストランシーバ」に新端末

《小菅@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×