脆弱性に対する攻撃リスクの算出や、侵入可能な経路を抽出する技術を開発(日立) | ScanNetSecurity
2021.05.09(日)

脆弱性に対する攻撃リスクの算出や、侵入可能な経路を抽出する技術を開発(日立)

日立は、新たなセキュリティリスク評価技術を開発したと発表した。同技術は、ソフトウェアの脆弱性に対する攻撃リスクを自動的に算出し、対策優先度を提示することで、情報システム管理者による迅速な対処を支援するもの。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社日立製作所(日立)は2月26日、新たなセキュリティリスク評価技術を開発したと発表した。同技術は、ソフトウェアの脆弱性に対する攻撃リスクを自動的に算出し、対策優先度を提示することで、情報システム管理者による迅速な対処を支援するもの。機器から取得したソフトウェア名称と、脆弱性情報に記載されるソフトウェア識別子の類似度を算出することで、公開脆弱性情報との突き合わせを可能とし、脆弱性の有無を自動的に特定する。

本技術により、大量に公開される脆弱性情報から、大規模なシステムを構成する多数の機器に内在する脆弱性を迅速に特定することが可能となる。また、システムのネットワーク構成情報からサイバー攻撃の到達可能性を自動解析し、各システムにおいて侵入可能な経路を網羅的に抽出する技術を開発。さらに、これらの侵入経路をベイジアンネットワークで解析可能な有向非巡回グラフ化する方式を考案した。この方式により、各経路における侵入確率と、各脆弱性の影響度を算出できる。今後は、セキュリティ運用の支援サービスとして提供できるよう、開発を進めていくとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×